ナカザワメグミ ドットコム

ナカザワの頭と心を大公開。魂ぶるぶる言わせたろか

自己開示シリーズ

応援したい人、命を賭してお仕えしたい人

先日こんな挑発的な記事を書いたら、セッションのお申込みがドドドドドドドドド!!と来てびっくりした中澤です。 www.nakazawamegumi.com

経験したことしか分からない。だから…

「中澤さん、死なないでください」昨日古参のクライアント様からそう言われた。それは私が死にかけているから、というわけではなくて、なるべく長くセッションを受け続けたい、という意味で言ってくださった言葉なのだが、私はこの言葉にものすごく感慨深い…

これまでのこと、これからのこと。

自分の昨年に名前を付けるなら『自主的に死に、生き返った1年』だと思った。それを友人に話したら、「キリストみたいじゃね?」と言われた。あんな崇高な方と同じなわけがなく、もっと私の自死・再生はしょうもないものだったが、私にとっては生き方を変える…

損得勘定の品格

「あの人ってさ、自分にとってメリットがある人としか付き合わないじゃん。それがいやらしいなって思うの。私はそういうの嫌いだから、大勢の中で権力者みたいな人がいたら、みんなその人と仲良くしたがるけれど、そうじゃない、あぶれてしまった人の方へ歩…

ブログタイトル変更した件

今年もあっという間に1年が終わろうとしている。 ついこの間まで1月だったのにもう12月。 歳を重ねると時間が過ぎるのが早い気がする。

才能や特技は「こん棒」

回想 こんなことを言ったらアレだけど 私は私の撮る写真がずっと好きになれなかった。 www.nakazawamegui.com

再引きこもり

久しぶりの投稿になります。 ご無沙汰しております中澤です。 諏訪からの旅行以降、なんだか自分の中で ビッグバン級の気づきがあり 世の中的にはこれを

旅の果てに

27日にふと「長野の諏訪に行こう」と思った。温泉に入りたいと思った時に、様々な選択肢が出た中で、一番体が喜んだのが「諏訪」だったからだ。とはいえ、自宅から200キロほど離れている。車で約3時間20分くらいはかかる。頑張れば日帰りも可能だが、体の疲…

自己価値とか自己肯定感とか

なんだか昔…といっても昨年くらいまで、夕日を見るたびに胸が苦しくなっていた。ああ、今日も終わってしまう、今日自分は未来につながる何かが出来ただろうか、もっと頑張らなきゃいけないのに…そんなことを思っては胸が苦しくなり、いつも真綿で首をしめら…

人生の優劣とか歩みとか

お盆帰省で久々に高校時代の友人が地元に帰って来たので、飲みに行ってきた。と言っても、わたしは飲めないし、彼女も昔は酒豪だったが加齢のせいか、1杯しか飲まなかったし、酒の肴は冷ややっことバンバンジーとサバの塩焼きだしで、なんかもう色々歳を取っ…

超やらかした件

人には得手不得手がある。例えば私なら、文章を書くことや、色々考えたりすることは全く苦ではない。だがしかし、出来ないことが超いっぱいある。どんなに注意しても間違えるのが、事務・書類関係。これは自分でも説明のしようがないほど、間違える。簡単に…

自分にとって怖い方を選択する

自分の人生を変えたいと言うのはとても簡単で、言葉だけならだれでも言える。でも本気で変えようとしたとき、そこには「いままでやったことが無いことをする」という通過儀礼がある。なんでもいいから違うことを選択しないと、変化というものは訪れないもの…

一番ショックだった言葉を受け入れる

なんだか最近ブログを書いている間はノリノリで、ゾーンに入っているような状態になるのですが、アップした途端ものすごく気が滅入るというか、なんだか吐きそうなほど気持ち悪くなるので、「これはヤベー気がする」「何かが私の中で起きている」と思い、昨…

ザ・ノンフィクション③~37歳、人生で一番熱い夏~

こちらの記事の続き、その③です。 ザ・ノンフィクション~37歳、人生で一番熱い夏~ - 失敗するから人生おもろい ザ・ノンフィクション②~37歳、人生で一番熱い夏~ - 失敗するから人生おもろい

ザ・ノンフィクション②~37歳、人生で一番熱い夏~

こちらの記事の続きです。 ザ・ノンフィクション~37歳、人生で一番熱い夏~ - 失敗するから人生おもろい

ザ・ノンフィクション~37歳、人生で一番熱い夏~

去年の夏、ひっそりと派遣のバイトを始めた。ある撮影依頼に対して、自分の手持ちのレンズでは対応しきれないことが事前にわかり、レンタルレンズでやりすごそうか考えたが、移動が多い現場で傷をつけない自信がなかったため、購入を決意した。けれど、30万…

未だに女が難しい

女子高、女子短出身であるにも関わらず、この歳になっても一番難しいと感じるのが女性とのコミュニケーションである。エグイくらい難しい。

踏ん張らないで、ダメになってみる

今まで培ってきたスキルを捨てる時というのは誰にでもあるのだと思う。それまでは必要で、それがないと上手く行かなかったから培ってきたスキルがあるとする。しばらくはそれを手に入れて上手くいっていたが、少しずつ違和感を覚えるようになったら、その時…

正解よりも大切なことを選択する

突然ですがこの度2015年12月よりご愛顧いただて参りましたカメラ事業をクローズしました。 Photo by Tetsuya Funakoshi

自分を正直に書くということ

Facebookさんは本当に親切で、過去の今日どんな投稿をしていたかを頼まれなくても教えてくれる。お陰で定期的に人生を振り返ることが出来る。 www.facebook.com